第44回 「信玄暗殺」 11月4日放送
 平蔵(佐藤隆太)は宇佐美(緒形拳)の策に従い駿河へ向かった。今川家に預けられている諏訪家の遺児・寅王丸(柄本佑)に会い、武田へ怨みを抱くよう仕向けるためだった。 寿桂尼(藤村志保)は平蔵が寅王丸に会うことを許す。出家し長笈と名乗っていた寅王丸は、父・諏訪頼重が自分が家督を継ぐことを条件に切腹させられたこと、姉・由布姫が信玄の側室となって子をなした後、見捨てられて死んだことを聞かされ憎悪をたぎらせる。
 甲斐へ向かうことを黙認された寅王丸は平蔵とともに出奔した。もし仇討ちが成功すれば武田の家督は今川の姫と結婚した嫡男・義信(木村了)が継ぐことになる。それが寿桂尼の計算だった。
 勘助(内野聖陽)は信玄(市川亀治郎)のもとに若い僧侶が出入りしていると聞き不審を抱く。平蔵を捕らえた勘助は謀略を知り信玄のもとへ駆けつける。寅王丸がまさに信玄に斬りかからんとしているところだった。
 取り押さえられた寅王丸は一度は改心したかに見えたが、義信から罵声を浴びせられ、身代わりとなった萩乃(浅田美代子)を斬ってしまう。萩乃は三条(池脇千鶴)に見守られながら息絶える。勘助は裏で糸をひく寿桂尼に対し怒りを露わにする。
譯文:平藏(佐藤隆太)遵從宇佐美(細繩形拳頭)的策略朝向了到駿河。為了是對待遇到被託付給今川家的諏訪家的遺孤·寅王丸(花樣本佑),抱給武田怨看。 壽桂尼姑(藤村志保)寬恕平藏見寅王丸的事。出家自報姓名長背箱的寅王丸,父親·諏訪賴重自己繼承繼承人的事讓條件剖腹自殺的聽到事,姐姐·由布姑娘成為信玄的側室做了孩子之後,被棄而不顧死了的事憎惡使之沸騰。
 被默認了朝向到效果的事的寅王丸與平藏一起出奔了。如果報仇成功武田的繼承人與今川的姑娘結婚了的嫡子·義信(木村了)縫的。那個是壽桂尼姑的計算。
 直覺助(內野聖陽)聽說在信玄(市川烏龜治郎)年輕的僧侶下出入著抱可疑。打中了平藏的直覺助知道謀略跑去向信玄的原來。想要正在寅王丸確實切懸掛到信玄。
 被逮捕了的寅王丸一次在革心了裡(上)光臨,不過,被義信痛罵,切了變成了替身的Hagi乃(淺田美代子)。Hagi乃被三條(池脅千鶴)一邊注視呼吸一邊斷絕。直覺助對在背面彈開線的壽桂尼姑做憤怒俄鱷魚。
詳情>>風林火山-----

月琉華 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()