10月30日 長尾景虎役 Gackt(ガクト)


“アジア人”をキーワードに

 僕の夢は“アジアがひとつになること”であり“民族がひとつになること”なんだ。でも、それを言うと『そんなの無理だよ』って思われてしまうことが多い。目指していることがあまりにも大きいからなんだろうね。
 だけど、景虎が家臣の争いを見て『同じ国の武将同士が愚かなことでいがみ合う』と嘆いたように、僕もアジア人同士が、なぜ争ったり、お互いのことを嫌悪しなければいけないんだろうって、すごく思うんだ。
 僕はアジアでの活動もずっと続けているけれど、そこでは決して“日本人”という言葉を使わない。『僕は“アジア人”で、アジア人の中の日本人、日本から来たアジア人です』という言い方をしているんだ。この“アジア人”というのが一つのキーワードとなって、アジア全体に広がればいいなと思っている。

 国と国との距離や、その国に住む人、それぞれの心を結びつけたり、近づけたりするのは実は政治じゃない。それは間違いなく文化なんだよ。お互いの文化を認めることで、その文化を作り出した民族を認めることができる。そのつながりのうえに、はじめて政治が成り立つものだからね。そういう認識がまだまだ薄いというか、文化に対する評価が低いと思う。
 だからこそ、僕は音楽や映像を通して文化というものを伝えていきたいし、届けていきたい。“アジア人”という共通のキーワードを、みんなが持てるようになったときに、国という壁を越えて、アジアがひとつに、民族がひとつになると思っているんだ。
譯文:我的夢是"亞洲成為一個的是事""民族成為一個的事"。但是,常常說那個的話『那樣的困難喲』被看作了。為目標的事過分大吧。
 象抱,情景虎看家臣的相爭嘆息了『由於同樣的國家的武將們愚蠢的事互相仇視』一樣地,我亞洲人們,為何必須爭,嫌惡彼此的事吧te,厲害地也思念。
 我在亞洲的活動也一直持續,不過,在那裡絕對不使用所說的與"日本人"的言詞。做著所說的『我在"亞洲人",與是從亞洲人中的日本人,日本來了的亞洲人』的說法。想叫這個"亞洲人"成為一個關鍵字,擴展為亞洲全體就行了.
跟國家和國家的距離,係結住在那個國家的人,各自的心,挨近其實不是政治。那沒錯地是文化喲。能認可做出了由於認可彼此的文化的事,那個文化的民族。因為在那個關聯上面,第一次政治成立。是不是說那樣的認識還薄,想對文化的評價低。
 正因為如此,我想通過音樂和映像想傳達,送交文化。變得所說的與"亞洲人"的共同的關鍵字,大家能拿的時候,越過國家這個牆,想亞洲對一個,民族變成到一個。

詳情>>風林火山

-----

月琉華 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()