第46回 「関東出兵」 11月18日放送


永禄3年(1560)、長尾景虎(Gackt:ガクト)は遂に上杉憲政(市川左團次)を奉じて関東に出陣した。北条氏康(松井誠)を倒し、関東の旧秩序を回復するのが目的だった。
 同じ頃、由布の忘れ形見・四郎(池松壮亮)が元服し、諏訪勝頼を名乗ることとなり、勘助(内野聖陽)は感激とともに来たる越後勢との決戦に向け身を引き締めた。
 上野国に進撃した景虎のもとには関東の武将がはせ参じ、たちまち十万もの大勢力となった。 勝利の暁には憲政より関東管領職を譲り受ける約束の景虎だが、いつしか驕りが生じていることを宇佐美(緒形拳)は危ぶんでいた。
 景虎は武蔵国忍城を治める成田長泰(利重剛)の妻・伊勢(井川遥)に心を奪われ、人質として 同行するよう命じる。大勢力となった景虎の軍は、一気に北条の本拠地・小田原城を囲んだ。 しかし、それこそ氏康の思う壺であった。小田原城は難攻不落の大要塞、寄せ集めの大軍の士気は包囲が長引くに連れ次第に低下していった。
 戦況が膠着する中、景虎は上杉家ゆかりの鎌倉・鶴岡八幡宮にて上杉家の家督を継ぎ関東管領となることとした。長尾景虎は上杉政虎となり、生涯の絶頂期を迎えた正にその時、関東を揺るがす大事件が起きた。
譯文:
 永祿三年,長尾景虎(Gackt)奉上杉憲政(市川左團次)之命出兵關東。目的就是打倒北条氏康(松井誠)而重新恢復關東地區的舊秩序。另外,由布姬的小孩四郎(池松壯亮)完成了成年禮儀式,並且取名為諏訪勝賴,而堪助卻感到格外的感慨。景虎這邊來了許多關東的武將,不一會的功夫就聚集了十萬多人形成了一股龐大勢力。但是景虎卻漸漸的心生驕傲,宇佐美對此感覺到危險的氣息…。
   景虎命令被平定武藏國忍城的成田長泰(利重剛)的妻子·伊勢(井川遙)奪取心,作為人質 教友。成為了眾多力的景虎的軍隊,一口氣包圍了北條的據點地·小田原城。 可是,是那才先生康思念的罐。小田原城難以攻陷的大要塞,收集的大軍的幹勁包圍拖長一帶就降低了。
 戰況膠著中,景虎上杉家因緣的鐮倉·鶴岡八幡神社決定繼承上杉家的繼承人成為關東管領地。發生了長尾景虎成為上杉政虎,迎接了一生的絕頂期的確實那時,搖動關東的大事件。


詳情>>風林火山



-----

月琉華 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()