第47回 「決戦前夜」 11月25日放送

 関東管領を継いだ上杉政虎(Gackt:ガクト)は、その就任式の帰路、馬を降りて挨拶しなかった成田長泰(利重剛)を無礼であると激怒、鞭で打ち据えた。しかし、成田は下馬せずに挨拶することを古来許されてきた名門だった。怒った成田は人質となっていた妻・伊勢(井川遥)を残し兵を引き上げた。
 残された伊勢は古来からの慣例を知らぬ政虎の無知と短慮を罵った。小田原の包囲が長引き、動揺していた関東の武将も次々に逃げ出し、政虎の関東統一は失敗に終わり、北条氏康(松井誠)は危地を脱した。政虎は知らず知らずのうちに慢心していたことを悟り、武田との決戦に思いを新たにした。
 勘助(内野聖陽)もいよいよ決戦が近いことを悟り、養女としたリツ(前田亜季)に香坂弾正(田中幸太朗)との祝言を勧める。
 そして遂に決戦の時がやってきた。永禄4年(1561)8月、上杉軍一万八千は信濃川中島を目指し挙兵した。知らせは海津城を守る香坂より、即座に甲府へ伝えられた。信玄(市川亀治郎)は全ての重臣を集め、決戦に向けての評定に臨んだ。
譯文: 擔任上關東管領的上杉政虎(Gackt)就在就任儀式結束後的回程遇到了沒有下馬行禮的成田長泰(利重剛),因此勃然大怒而將他鞭打一頓。但是自古以來成田本來就是允許可不必下馬而直接行禮的名門。被留下來當人質的成田之妻伊勢(井川遙)則是謾罵政虎的無知及浅見。政虎包圍小田原城失敗,而北条氏康(松井誠)脫離了危險之地。政虎這才覺悟到自己的傲慢,也重新思考了和武田的決戰…。
  勘助(內野聖陽)也悟出終於決戰近的事,勸作為繼女的ritsu(前田亞季)跟香?彈正(田中幸太朗)的祝詞。
 並且終於是決戰的時候來。長(久)俸祿4年(1561)8月,上杉軍一萬八千以信濃川中島作為目標舉兵。通知自保護海津城的香?,立即被傳達了到甲府。信玄(市川烏龜治郎)出席了聚集全部的重臣,面向決戰的議定。
詳情>>風林火山

 


 


-----

月琉華 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()