永禄4年9月10日。川中島での武田、上杉両軍の死闘はそのピークを迎えていた。 軍勢を二手に分けて挟み討つ勘助(内野聖陽)の「啄木鳥(きつつき)の戦法」は宇佐美(緒形拳)によって見破られ、政虎(Gackt:ガクト)率いる上杉軍は「車懸かりの戦法」で武田の本隊に襲い掛かった。
 信玄(市川亀治郎)は弟・信繁、重臣諸角を失い、武田軍は崩壊の危機にあった。しかし、上杉本陣に向かっていた武田の別働隊が戦に参加すれば戦況は一気に逆転する。 別働隊の復帰を信玄は本陣で待った。武田勢の予想以上の粘りに宇佐美は撤退を進言したが政虎は聞き入れず、自ら武田本陣に向かう。 それを見た勘助も手勢を率いて突撃した。宇佐美は勘助に共に兵を引くよう叫ぶが、鬼神と化した勘助は宇佐美に斬りかかる。
 一頭の白馬が乱戦を突き抜けて、信玄の本陣に向かった。政虎は、単騎本陣に飛び込み、信玄に太刀を振り下ろす。信玄はからくも軍配で受けとめた。
 勘助は無数の傷を受け、満身創痍で戦い続けた。戦国最大の合戦の果てに軍師・山本勘助は何を見るのか・・・!?
譯文:永祿四年九月十日,在川中島的武田軍和上杉軍的戰事即將到了火熱化的程度,堪助的「啄木鳥戰法」被宇佐美(緒形拳)看穿,而政虎所率領的上杉軍運用了「車懸戰法」來襲擊武田軍隊。信玄(市川龜治郎)失去了弟弟信繁以及重要大臣,武田軍隊面臨了崩潰的危機。但是就在這個危機點,先前的一萬兩千名士兵回歸軍隊,戰況局勢開始大逆轉。面對武田大逆轉的局勢,宇佐美向政虎建議撤兵,但是政虎卻聽不下去,執意衝向武田陣營。就在一陣廝殺後滿身傷痕的堪助就在臨死之前得知武田軍獲得最後勝利。軍師堪助的生命就在戰爭中燃燒殆盡,戰國最大的戰役就這樣畫上句點…。信玄(市川烏龜治郎)丟失弟弟·信繁,重臣諸角,武田軍崩潰的危機有。可是,如果面向上杉營部的武田的別動隊參加戰鬥戰況一口氣反轉。 信玄在營部等了別動隊的復歸。武田陣營超過預想的粘性宇佐美撤退進言了政治虎不承諾,親自面向武田營部。 看了那個的直覺助帶領部卒也突擊了。宇佐美叫喊在直覺助一同設置兵,不過,與凶神化為的直覺助切懸掛到宇佐美。
 一頭的白馬穿透混戰,面向了信玄的營部。政治虎,單騎營部跳入,信玄往下打大刀。信玄好容易用指揮接住了。
 直覺助承接無數的傷,滿身創傷持續作戰。戰國最大的交戰的盡頭軍師·山本勘助看什麼···!?
詳情>>風林火山

月琉華 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()