歌手のGacktが1日、茨城県立佐竹高校で卒業式にサプライズ参加した。同校はGacktが以前に在籍していたバンド「マリスミゼル」のドラマーで、99年にくも膜下出血で急死したKamiさんの母校。

 式の最後に登場したGacktは「一度しかない人生だから。失った時間は戻ってこないから」と話すと、声を詰まらせた。「彼とはよくバカをやったりケンカをしたり、先が見えずにもがいていた。もし彼が生きていたら、ここに来て君たちの背中を押したんじゃないかなと思います。今日は、僕があいつのかわりに君たちの背中を押したいと思います」

 万感を込めて「野に咲く花のように」を歌い届けると「夢は見るものじゃない。夢はかなえるもの。強い意志を貫くこと。卒業おめでとう」とメッセージを送った。

 毎年、Kamiさんの命日(6月21日)と誕生日(2月1日)に墓参りし、実家を訪れているGackt。この日は生前、Kamiさんが愛用したドラムセットを同校に寄贈。会場に駆けつけたKamiさんの両親とも、式後にしっかり抱き合った。
譯文:

歌手的Gackt1日,在茨城縣立佐竹高中在畢業式suprise參加。同校是Gackt以前在籍的帶「marisumizeru」的鼓手,99年以腦膜下出血突然死去了的Kami先生的母校。

 因為在式的最後登場了的Gackt「是只有一次的人生。說失掉了的時間不回來」的話,說不出話。「與他很好地做笨蛋做爭吵,前頭不顯現出來掙扎著。我想如果他活著,這裡來不是推了你們的背嗎。想今天,我代替那個傢伙推你們的背」

 放入百感唱「像野地開放的花一樣地」送交的話「夢不是看的東西。夢滿足的東西。貫穿強的意志的事。畢業恭喜恭喜」發送了消息。

 每年,與Kami先生的忌辰(6月21日)生日在(2月1日)時掃墓,訪問父母家的Gackt。這天生前,同校贈送物Kami先生愛用了的鼓組套。跑去了會場的Kami先生的父母一起,在世後好好地相抱了。

詳情>>The Hochi Shimbun

月琉華 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()