歡迎進來
文章下面有個迴響;歡迎您發表文章的高見,也可以去留言版留言給我,你的回應是我的動力,謝謝!

9.jpg        4.jpg

「大切な人を亡くし、その悲しみを背負って生きたとき、めぐり来る季節がまた失った人を思い出させる。悲しみは消えないけれど、苦しさを感じるのはその人が自分の中にいる証し」

 GACKTさん(36)の最新曲「雪月花-The end of silence-」には、美しさと悲しさが共存する。今は手の届かないところにいる愛する人に、静かに燃える思いを歌った楽曲は、「山々に降り積もる真っ白な雪。気付くと冷たい雪が、桜に変わり、吹雪のような淡いピンク色の花びらが月の光にとけ込んでいく……」。そんな情景が描かれている。

 GACKTさんにとって「雪月花」の「花」は「桜」だ。「桜が散って、風が吹くと舞い上がる花びらを見ると、5月に亡くした仲間を思い出す。人が亡くなったときの思いは、いつまでたっても消えない」と振り返る。

 07年のNHK大河ドラマ「風林火山」で共演した故・緒形拳さんへあてた「My Father’s Day」(09年6月)の中でも、「百日紅(さるすべり)の導く先にアナタが笑ってて……散り始めたこの季節が僕にとってのFather’s Day」と歌った。「忘れられないのと裏腹、忘れないように、その情景に出合うと記憶の鍵が心の扉を開けて、その時の感情が噴き出してくる」と遠くを見つめる。

 「雪月花-The end of silence-」はWii用ゲーム「戦国無双3」(コーエー)のイメージ曲に、「斬~ZAN~」はテーマ曲に起用された。

 戦いの激しさがまぶたに浮かぶ「斬~ZAN~」では、歌詞に「人の血を奪ひて咲けるぬばたまの夜に紅(くれない)の花、雨降れど月は隠れず夢にぞ見つる君が姿を」と古語を交えた。

 「古語は強い言葉。心にストンと入っていくけれど、『どんな意味?』を理解するまでに時間がかかる。だから(聴き手が)、どんな描写なのかそれぞれ考えてくれたらいい。それぞれに景色が違うはず」と語った。【西村綾乃】

2.jpg  

<GACKT プロフィル>

 ガクト。73年7月4日、沖縄県生まれ。6月にソロデビュー10周年を迎えた。18日には100の語録を収めた書籍「GACKTIONARY」(角川マーケティング)を発売。10年1月1日には映画「仮面ライダー×仮面ライダーW&ディケイド MOVIE大戦2010」(東映)の主題歌「Stay the Ride Alive」を発売する。5月には、作家の柴田錬三郎さんの剣豪小説から生まれた剣客ヒーロー「眠狂四郎」を演じる舞台「眠狂四郎無頼控」に出演する予定。

 


現在年齡已經不是秘密了,其實我最喜歡是上面的第三章圖片,電死我了~哈哈!
詳情>>每日.JP

月琉華 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(1) 人氣()


留言列表 (1)

發表留言
  • Jonet
  • そんな古い投稿ですが己は今さら読んだばかり。とても面白い読み物、ありがとう!今は雪月花の意味が分かる。