第49回 「死闘川中島」 12月9日放送

不思議な老婆・おふく(緑魔子)から明日、川中島に深い霧が出ると聞いた勘助(内野聖陽)は遂に動く時と判断した。全軍を二手に分け、一万二千の別働隊が、上杉軍が布陣する妻女山を背後から襲う。信玄(市川亀治郎)の率いる八千の本隊は麓で待ち構え、追い落とされた敵を別働隊とともに挟み討つ。これが勘助が立てた「啄木鳥(きつつき)の戦法」だった。
 しかし、その策は宇佐美(緒形拳)に見抜かれていた。しかも、宇佐美は明日、霧が出るという情報を同じようにおふくから得ていた。武田の籠もる海津城に飯炊きの煙が上がるのを見た政虎(Gackt:ガクト)は敵が動くと確信する。深い霧の中、異変に気づいたのは武田の別働隊だった。奇襲のつもりで攻め入った妻女山がもぬけの殻だったのだ。
 朝を迎え、霧が晴れ始めた川中島で勘助は前方に信じられないものを見た。それは「車懸かりの戦法」で武田陣に殺到する上杉軍一万三千だった。武田軍が勝つ道はただ一つ。別働隊が駆けつけるまで上杉軍の攻撃を防ぎきるしかなかった。しかし、戦国最強の越後勢の勢いは凄まじく、乱戦の中、信玄の弟・信繁(嘉島典俊)と重臣・諸角(加藤武)が討ち取られた。武田軍崩壊の危機はいまや間近に迫っていた。
譯文:堪助(內野聖陽)從原虎胤的妻子阿伏(綠魔子)口中得知在明天早晨川中島將會起濃霧,因而判斷這是個出動的好時機。軍隊分為兩隊,一萬兩千名的士兵從布局於妻女山的背後襲擊上杉的軍隊,而信玄(市川龜治郎)另外率領八千名的士兵在山麓伺機而動,打算要左右夾攻敵方軍隊,而這個是堪助所提出的「啄木鳥戰法」。但是這個策略卻被宇佐美(緒形拳)所看穿,因為她也從阿伏那裡得到明天早晨會起濃霧的相同情報…。
可是,那個策略被宇佐美(緒形拳)看穿。而且,宇佐美象同樣一樣地擦得到著明天,霧出來這樣的信息。看了在武田呆的海津城裡(上)做飯的煙上升的政治虎(Gackt:gakuto)確信敵人開動。發現了深的霧中,非常事件的是武田的別動隊。以奇襲的打算攻進去了的妻子與女兒山ga也是脫掉的殼。
 看了迎接早上,在霧開始晴的川中島直覺助對前方無法相信的東西。那是用「車懸掛的戰術」武田陣容紛紛來到的上杉軍一萬三千。武田軍偏多的道是只有一個。到別動隊跑去只有抵禦切上杉軍的攻擊。可是,戰國最強的越後陣營的氣勢淒majiku,混戰中,信玄的弟弟·信繁(嘉島典俊)和重臣·諸角(加藤武)被奪取了。武田軍崩潰的危機現在正是迫近著眼前。

詳情>>風林火山

-----

月琉華 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()